Punkt. - MP02 software release

SW バージョン APHY v1.2 (v03.02.0360)

MP02 new generation (released 11/21)

新機能

  • 言語: MP02のシステムUIおよび入力言語にヘブライ語を使用できるようになりました。
  • エンドユーザー用の使用許諾契約書(EULA: 最新ソフトウェアのAPHY 1.2 (v03.02.0360)をダウンロードおよびインストールする際に、ハンドセット上でPunkt.のEULAに同意することが条件となりました(スクリーン上の指示に従う)。
  • ボイスメール: ボイスメールを受け取った際にサービスプロバイダーからテキストメッセージが届かない場合、ボイスメールを聞いていないかどうかという通知がホームスクリーンに表示されます。
  • ブルートゥース 4.2 認定プロファイル:
    • BQB認定プロファイル
    • A2DP Advanced Audio Distribution Profile(ブルートゥースと対応のオーディオ機器で用いられるプロファイル)
    • AVRCP Audio/Video Control Transport Protocol(AVデバイスの制御メッセージを伝送するための通信プロトコル)
    • DID Device Identification Profile (デバイス固有の情報を提供するためのプロファイル)
    • DUN Dial-up Networking Profile(ダイアルアップアクセスのためのプロファイル)
    • GAVDP Generic Audio/Video Distribution Profile(ビデオストリーム/オーディオストリームを配信するためのプロファイル)
    • HFP Hands-Free Profile(携帯電話とヘッドセット間などで用いられる電話の発着信や通話を行うためのプロファイル)
    • HID Human Interface Device Profile(キーボードやマウスをブルートゥースの無線接続経由で使用するためのプロファイル)
    • HSP Headset Profile(携帯電話とヘッドセット間などで用いられる、音声入力を行うためのプロファイル)
    • IOP Interoperability Test Specification(相互運用性確認テストの要件)
    • MAP Message Access Profile(デバイス間でメッセージオブジェクトを交換するためのプロファイル)
    • OPP Object Push Profile(携帯電話間のオブジェクトの交換に使用されるプロファイル)
    • PAN Personal Area Network Profile(ある1台のPC(マスター)を中心とし、複数のPC(スレイブ)が無線接続を行うためのプロファイル)
    • PBAP Phone Book Access Profile(電話帳情報を伝送するためのプロファイル)

改善内容

  • 言語: 複数の言語でこれまで翻訳されていなかった多数の言葉が識別され、翻訳されました。
  • UI: 電話をWi-Fiに接続する際に、Wi-Fiの確認スクリーンが正確に表示されるようになりました。
  • コンタクト: 「仕事」から「オフィス」とラベル付けされていた番号を変えていたバグは修正されました。
  • コンタクト: 電話に保存しているコンタクト(SIMのみでなく)に、新たな番号を加えることが可能になりました。
  • コンタクト: SMSでコンタクトを共有する際に、コンタクトのすべての情報が受取人へのテキストメッセージに含まれるようになりました。
  • ブルートゥース: デバイスの長い名前がMP02上で正確に省略されるようになり、ブルートゥースとのペアリングが可能になりました。
  • 言語: 入力言語として、アラビア語が再度使用可能になりました。

 

既知の問題

  • ボイスメール: ボイスメールを有効にするために1を長押しした時にホームスクリーン上に複数の1が表示される場合、「メニュー」から「設定」「ボイスメール」へと進み、ボイスメールの番号が正確かどうかを確認し、Punkt.キーを押して番号を保存してください。番号が表示されていない場合はボイスメールの番号を入力し、Punkt.キーを押して保存してください。

 

Back

Punkt. Postを受け取る